製品情報

浸漬工程

回転型浸漬タンク

回転型浸漬タンク

特徴
本装置で洗米から製麹の前半までの工程を行う。浸漬操作は洗米後タンクを回転させて網目部分を中心線より上に位置させ、回転軸及び米の出入口から水を入れて米が水面下10cm位に浸るようにする。所定時間が経過したら再び網目部分を下にして水を切り、硬めの蒸米を得たい場合は回転軸より空気を圧送して、米粒間の付着水を取り除くとよい。